テントの中のネコ

キャンプのことやインテリア、ネコのことなどなど。 秋田・角館の情報も少し紹介。

最近、カスケードカップが再熱しているっぽいんですが、なんでこんな人気なんですか?


自分なりに検索してみたんですが、わからない・・・
だれか有名な方がごり押ししている訳でもないし、メディアに取り上げられている気配もないし。


ロッキーカップ属の中では昔から一番人気でしたが、最近はさらに過熱している気がします。


価格もちょっと前はワンパイントは1万円後半から2万円位だったような気がしますが、ちょっと前に一番レアなカスケードのハーフパイントやカスケードシステムが5万円で落札されたり、ワンパイントも最近では3万円越えで落札されていきます。

日本での販売期間は比較的長かったようですので、国内にもそれなりに流通はしていますが、廃盤からすでに20年以上は立っているので市場に出てくるものは少ないんでしょうね。


そんなカスケードカップをデザインしたのはバックパッカーのC.A Hill さん。

シェラカップじゃ容量も足りないし、ちょっと浅いな~ ってことで、一回り大きなロッキーカップを作って、取っ手が邪魔だな・・・って取っ手が折りたためるカスケードカップを作って、もっとコンパクトにって、取っ手を簡素化したオザークカップを作ったような気がします。個人的な感想ですが・・・・

※ワンパイント = 473ml ワンパイントカップはすり切りで500mlの容量があります。


ロッキーはワンパイントとハーフパイントの2種 とリッド カスケードにも併用可能です。
初期のワンパイントにはリッドの留め具があるものもあります。
BD812B30-1F64-4407-B179-942841948E47


3EE2428D-8E83-4674-9997-6DE12BA7EE7B

ロッキーはそのほかにもパテントの取得前後で裏の刻印の違いや、容量の表記がmlとpt両方あるものなど数種存在します。




オザークはハーフパイントのみ1種? 本当にワンパイントサイズが無いかは不明。
オザークは人気が無かったのか流通量も少なく、過去に1個入手したのみです。



人気のカスケードは4種あります。

まずはノーマルカスケード。 一番よくみるカスケードカップです。
0BDAC5BF-61F5-4541-904B-35C3BE129180



次にこちらも比較的メジャーなカスケードシステム 弦と蓋・リッドが付いています。
B84A76DD-3367-4A0C-9EC1-DACD42BE942E


こうやって吊るして使うことができます。
568C135A-1375-404D-AAB3-B5BADCD2F7D8



そして比較的珍しいのはリッドの留め具が付いたモデル。
最初はカスケードカップ専用の取り付けリッドがあるのかなと思いましたが、ロッキーカップのリッドを併用するようです。 径は同じですからね。
0A27FA1C-E023-4EEB-8AEC-03B013E87820


ロの字に出っ張っている個所にリッドを取り付けます。
DF1F406C-B6A8-41AD-A973-73873C4B610C





そして最後に一番レアなハーフパイントのカスケードカップ。
残念ながら一度も手に入れたことがありません。本当に数は少ないと思います。


そのほかにもメモリの違いなどがあるけど、この4種がカスケードカップの全種と思われます。

mlとpt両方表記のカスケードカップ
284CEF2C-628B-4418-ADC5-6F23CC89F795




なかなか奥が深いシェラカップの世界。
オリジナルシェラカップについても以前に記事を投稿していますので、良かったら見てください。



いろいろなキャンプ情報はこちらから。





急なお知らせですが。

7月26日(日)13:00~ 秋田市のアウトドアショップYAMAGOYAさんにて行われるフリーマーケットに出店いたします。


YAMAGOYA

アウトドアカテゴリー限定のフリーマーケットですので、興味ある方は是非ご来店ください。


何店舗が出店するのか、どんな感じなのかよくわかりませんが・・・・
きっと面白いと思います!!

ちなみに僕はシェラカップのコレクションを中心に出品します。
カスケードからロッキー、オリジナルシェラカップなどヴィンテージ中心です。
相場よりはお安く出しますの気になる方はチェックしてください。

もちろん見るだけでもOKです。
なかなか秋田で手に取って見ることができないと思います。
69338813-606A-44BA-BE2A-D4849509EAC1



そのほかにもソロキャンで使えるアイテムを中心に無駄に買ってしまった物・・・・
をお安く出品します。

ちなみに価格だけ。
ヤフオク、メルカリの相場と比べてもだいぶ安いと思います。

3,000円
09513E18-3DD4-4FA3-A84E-B1714EB66FA2



7,000円
2FC69C3E-BE4F-42CD-BCA2-59F48B32C55D



まだまだあるのですが、当日のお楽しみで。。


いろいろなキャンプ情報はこちらから。




昨日なんだかうちのブログのPVが大幅に増えたんで、なんでかな~? 

って思ってたら4年前の記事がヒットしてるみたいでした。

その記事がこれ。 村の鍛冶屋をディスった記事なんですが・・・



なんで、今さらと思ってましたが、また、スノーピークと村の鍛冶屋のバトルが再発しているみたいですね。


スノーピークもまだ諦めてなかったんだ・・・


確かにエリステは革新的でした。
鋳造ペグに色を施し、認識性を上げ、楕円形にすることで抜きやすくする。


素晴らしいアイデアじゃないですか。


爆発的な人気となり、おそらく鋳造ペグのシェアをスノーピークのソリステからだいぶ奪ったと思います。


キャンプブームの再燃でここ数年でもだいぶ売れたでしょう。



そりゃ~ このような状況をスノーピークも黙って見ているわけにもいかないでしょう。
もともとのデザインはスノーピークのソリステですからね。


スノーピークがそんなことで抗議だなんてダサいわ!! って意見もあるでしょうが、上場企業ほどこのような問題には敏感で、企業の利益を上げ、成長させるために対応するのは当たり前だと思います。


でもね、、もう意匠登録なんかはとっくに切れているっぽいし、ただ似ているから消費者が間違っちゃうって言っても、ちょっと厳しいよな。


見た目はどうあれ、エリステはソリステと比べ機能的な違いは明白にあるし、どうなんでしょうかね。


どこまで、スノーピークが本気かはわかりませんが、お互いに良い解決をしてほしいものです。
そんな解決方法なんて無いか・・・・




まっ 最後に僕は村の鍛冶屋という会社が嫌いです。


以前のブログにも書いたんですが、とにかく姑息っていうか、ダサいっていうか、おそらく当時からこの争いを知っている方々にはわかると思うんですが、もうねリスペクトが無いんですよ、エリステだって、正直ソリステがあってのものだし、ほかにもスノーピークのデザインをパクッてさんざん商品を作っているのに、もう、ほんとリスペクトが無い!!

以前のブログでも書いたんですが、今はHPから消されているのかな?
エリステのHPにも明らかにスノーピークってわかるように試験結果載せたり、もう姑息すぎ・・・・
自信あるんだったら、黙って売っとけ!! と思うんですよ。






ちなみに、僕が愛用しているペグはエリステです。
IMG_0750



生み出されたアイテムに罪はないですからね。




いろいろなキャンプ情報はこちらから。




久しぶりに山渓特注のナンガシュラフを検索したんですが、価格が高くなってますね。

約1年前は600DXで30,900円だったんですが、いまでは34,699円と4,000円ほど価格が上がってます。

以前はクーポンをうまく利用して26,000円前後で購入できたのですが、今はこの価格ではちょっと難しいかもですね。

600DX 26000円は今考えると激安ですね・・・


でも、おそらく今でも 600DX で34,699円はコスパが良いほうじゃないでしょうか。
ざっとネットショップを見てみましたが、おそらくこの性能で3万円台は中々ないとおもいます。

ちなみに、ナンガのレギュラー商品の600DXは55,000円(税込)となります。
生地のデニール数の違いでナンガのレギュラー商品が1100g、山渓1250gと山渓が150gおもいけど、それほど気にならない数値ですね。
ボックスキルトなど構造の違いもキャンプではさほど気にすることはないと思います。

このクラスはモンベルの800 #0クラスと同等です。こちらも価格は50,000円前後。 

いかに3万円台が安いかがわかります。

生地がオーロラテックスと防水透湿性素材が使われているのも選ばれるポイントです。

オーロラテックス®
多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材。2レイヤ地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrs、という高レベルの防水透湿性能を持っています。




暑い時期のキャンプはシュラフなんて特にこだわらなくとも快適なキャンプはできますが、気温もだいぶ下がる11月ごろになってくると、関東の平地でも温かいシュラフが必要になってきます。

1万円前後の化繊シュラフを何個も買って所有するより、品質の良いダウンシュラフを一つ購入したほうがコスパも良いし、エコです。

家族分揃えるとちょっときついですが、毎年買い足していきましょう!!

収納はナンガのネット収納袋が良いですよ。
IMG_1857




ちなみに山渓の600DX、現在は納期が9月末となっています。

毎年の事ですが、本格的に必要になってくる10月ごろになると納期が翌年の1月、2月になることもざらです。

検討している方は今が買い時ですよ。


タイミングによって割引クーポンなども出ますので、納期と合わせてチェックしてみてください。


途中でキャンプ飽きていらなくなっても、リセールで7~8割は回収できると思います。
良いものは寿命がくるまで、常にバトンタッチしていけます。

無駄なので、安物買いはしないでください。


ナンガ 600DXレギュラー 34,699円 送料無料




身長が大きな方はこっちが良いかも。
ナンガ 600DXロング 36,199円 



真冬キャンプ用 リミット-18 コンフォート-8 北東北、北海道以外の厳寒期以外のキャンプは行けます。
ナンガ 750DX 40,399円  送料無料




ナンガ 750DXロング 41,800円 送料無料







いろいろなキャンプ情報はこちらから。














ソルスティッカンのマッチはスウェーデンのキオスクなんかでもよく見かける北欧ではメジャーなマッチメーカー、北欧の雑貨が好きだったりすると一度は目にしたことがあるパッケージだったりします。

そのソルスティッカンがこんなアイテムも出しているとは知りませんでした。

ファイヤーライターズっていうそうです。
FA91AF76-FFF8-4729-BC3E-F551EEDEE96F



最初、大箱のマッチかなと思ったんですが、着火剤だったんです。

中はこんな感じ。
DBAD14CC-19FC-4F5C-9144-D5BD0B7564E8



なにが良いって、植物性のワックスで作られている着火剤なので、臭いが無いってのが良いです。
それに火薬もついているんで、マッチやライターは不要。

擦って火をつけて、そのまま着火剤として機能します。
火持ちも良く、約8分持つとのことです。
C3EE4B41-529F-4E02-9FAC-0937CBE0D985



札幌 富士屋の文化たきつけを使ってたけど、これはおがくずを圧縮したものに灯油をしみこませたものなので、最初は灯油臭いんですよね。

焚火なんかは気になりませんが、BBQの時、木炭に着火する際は燃え尽きるまで灯油臭さが残ってしまっていました。

火力はさすがに文化焚き付けのほうがありますが。
0FD8C3CC-61E4-4361-9732-3B86E4E6CADB



値段は20本入りで660円 1本33円・・・
さすがに文化焚き付けよりコスパは良くないんですが、灯油臭くないし、コンパクトで携帯しやすいです。


これ自体火種にもなるし、小枝や松ぼっくりなんかの火種にも確実に着火します。
焚火の時なんかは持っているとすごい便利なアイテムだと思います。


先日のキャンプでは木炭にファイヤーライターズで着火したんですが、さすがに1本では無理で3本使用しました。 


ちょうど100円くらい・・・・ 文化焚き付けひとふくろ分ですか。。。


やっぱりコスパ悪いな。 


3箱セットでも特に安くはないですが、一箱買うよりはまとめて買っておいたほうがいいかもです。

3箱セット 1,980円





いろいろなキャンプ情報はこちらから。







ブログで定期的に記事にしているYETIクーラー。


もうハードクーラーでは定番的な存在になりつつあるアイテム。


初めてYETIクーラーを見たのは札幌の秀岳荘だったかな。
10年近く前になるけど、棚に並べられたYETIを見て、かっこいい!!  けど高すぎるだろ!!

っていう印象でした。


その当時、ハードクーラーっていえばコールマンのスチールベルトが主流で、僕も使ってたんですが、スチールベルトだって2万円しないで買えたと思います。


それが、YETIに限っては一番小さなロディ―15でさえ、18,000円・・・・

ほんと、これ、缶ビールしか入らねーじゃんっていうロディ―15でさえ18,000円ですよ・・・・・


そのほか大きなサイズもあったんですが、軒並み3万~4万円と高額で当時にしてみれば、クーラーボックスが4万円!!! 小型の冷蔵庫ですか?って感じでした。


不思議と今ではプレミアムハードクーラーとして当たり前になった感はあるけど、とにかく当時クーラーボックスに3~4万円ってあり得ないことだったんです。



かっこいいけど、値段がな・・・・ と悩むこと1、2年。


YETIも徐々に人気も出てきて、売れ筋の色 タンなんかは売り切れることもあり、ネットでもプレ値で取引されるようにもなってきました。


そんな、ある日秀岳荘にふらっと遊びに行ったら、あれだけあったYETIもほとんどsold out状態。
当時から代理店がA&Fかは不明ですが、ネットでも販売しているお店がほとんどなかったように思います。


やべ、今買わなきゃもう手に入らないかも。。。    という衝動にかられ

焦って買ったのがロディ―15・・・・・

IMG_0551


IMG_0553



大きいのはスチールベルトがあるんで、サブの飲み物用と割り切って購入した記憶があります。

今となってはロディ―15は廃盤になってしまいましたが、とにかくYETIは魅力あるクーラーボックスでした。

未だに、人気を保ちつつカラーバリエーションやアイテムを増やし、その魅力は衰えていないように感じます。

その後、タンドラ45 タンを購入し、限定で発売された45に買い替えました。
_DSC2478



IMG_1928





これからの季節YETIは毎度品切れを起こしますので、購入を考えている方は是非早めにYETIに決めてください。


10年たっても魅力的なアイテムってなかなかないですよ。


A&Fの定価がタンドラ45で59,400円と現地価格の2倍近い価格設定なんで、並行輸入店のほうがお勧めです。


以前は本国YETIから直接購入できましたが、A&Fが再度代理店に入り直販はできなくなりました。
また、海外のアウトドアショップ、ハンティングショップからだと輸入は可能かもしれません。
タンドラ45の定価が299ドルなので、うまくSALEやクーポンを使うとだいぶ安く手に入れることができるかも。


楽天だと一番安いところがここですかね。

YETI Tundra45 39,399円税込 送料無料
在庫はホワイト・タンのみとなります。





それと、さすがに氷は一週間持ちません。夏場だとあまり開けないようにして、せいぜい2日です。


いろいろなキャンプ情報はこちらから。



秋田のキャンプ場は5月中旬から営業を再開した場所が多く、今回行った田沢湖縄文の森キャンプ場も5月12日より営業を再開していました。

いや~   7か月ぶりのキャンプ。

県内の近場キャンプ場の週末は結構混んでいると聞いていたので、どんなもんかなと思って向かいましたが、例年のような混雑感は無く、ほどよく混んでいる状況でした。

予約も定員の半分に抑えているそうです。


田沢湖周辺のキャンプ場は土地柄岩手・盛岡方面の方々が多く利用します。
盛岡からだと仙岩峠を越えて車で50分と近いです。

今回利用しているお客さんも今となっては聖域化している岩手県の方々が大半で、なんだか安心します。



今回、久しぶりのキャンプは家族と行く予定でしたが、結局みんなに裏切られ、寂しくソロキャンプ。

簡単にMSRのパラウィング19と珍しく、MOSSのオリンピックのインナーをタープ下に入れて設営。


久しぶりのオリンピックはMOSS臭がちょっぴりして、なぜか少しテンションが上がりました・・・
キャンプに飢えていたんだなきっと。

109BCFF3-D8BB-4DC9-92E8-586946AC1818



フリーサイトにしたんですが、今期から価格が上がったらしいです。
フリーサイト 2150円/泊 入場料 大人450円 子供200円

以前はフリーサイト 1,500円位だったような気もするし、入場料が大人400円だったような気もするし。どうだったろ? 

ま、とにかく天気も良く、久しぶりのキャンプ、のんびりしますかね。
14915A8D-EA43-49F9-AEB4-FCFC0A70A7D7



設営後は車で10分ほどの水沢温泉へ。

水沢温泉

5月29日の時点では入場できるのが秋田県内の方に限定されていましたが、6月より通常営業になると思われます。

この時点では乳頭温泉郷も臨時休業中でした。
こちらも6月より営業すると思われます。


めちゃくちゃ気持ちの良い水沢温泉!!  
是非、田沢湖にキャンプに来た際は行ってみてください。


ちょっと田沢湖のスーパーで食材を調達してキャンプ場に戻ってきたのが18時をすぎたころ、田沢湖も陽が落ちて、気温もぐっと低くなってきました。

夜はこの時期でも10℃前後なので、軽い防寒具なんかは必要です。

1BBD2699-80F0-4AE5-9DC6-3CB985488B28




滅多にやらない焚火なんかもして、スンドゥブ食べたりしてぬくぬく気ままに過ごしました。



ABD10316-3111-451E-8962-B990BCAF990D



そういえば、この日の為にお肉屋さんで良い赤身のステーキ買ったんですが、家に見事に忘れてきちゃいました。
そんで、田沢湖のスーパーで妥協して買った3枚800円ほどのアメリカ産サーロインステーキを食べたけど、これがすごい美味しかった。

こんな安くておいしい肉ってあるんだな。
6CFB95E4-0226-4C65-9585-C12E7D908CF0



ソロキャンプでしたが、満足度の高い今年初キャンプ。

面白かった。



それと、これからの季節、田沢湖でのアクティビティー SUP サップをやってみたい方はこちらにどうぞ。
アキタ アドベンチャー ガイド

暑い夏には最高のアクティビティーです。自然の中で周囲を気にすることなく、コロナ禍でたまったうっぷんを晴らしに是非来てください。



いろいろなキャンプ情報はこちらから。











なんか、退屈な毎日ですね・・・

全国に緊急事態宣言が出されたので、子供たちは来週月曜から学校が休みになるのかな?


秋田はいまのところ20人未満と少ないながら、なんとなく、どんどん広がっていくのかな~ と不安があるのも事実です。

秋田のキャンプ場も一部で臨時休業となっていましたが、この緊急宣言を受けて大部分のキャンプ場が休業すると思われます。

田沢湖周辺のキャンプ場もGW明けまで臨時休業のようです。

秋田で唯一 通年営業している とことん山キャンプ場もGW明けまで臨時休業ということでした。

いずれも状況によっては臨時休業の期間が延長する可能性もあります。


とにかく、退屈はGWになりそうです。


はやく終息することが第一なので仕方がないですが、野営系にソロだったら良いんじゃね。っていう邪心が芽生えますが、やはりこんな状況だと控えたほうが良いですね。

もし、新コロに罹患したとなったら、この田舎じゃほんと村八分になりかねないですからね。

とにかく、新コロになったのは誰だ、あそこの地域のあの人だと根も葉もないうわさ話が駆け巡っている状況です・・・・
みんな好きでなっている訳じゃなんいんだからね。
誰かがコロナになって、自分がコロナにならない事なんてないんだから、お互い様です。


ほんとうにはやく終息し、罹患し苦しんでいる方々の回復、亡くなられた方のご冥福を切に願っております。


だいぶ話はそれましたが。


YETIに新しいサイズのクーラーボックスが発売されます。


YETI ROADIE 24

縦長のサイズで、2人でちょうどよい感じのクーラーボックスです。
5BB9037D-60B2-4B85-BC85-98C028914EC0



このネイビーカラーが良い感じですね。

サイズはこんな感じ。
075B31C4-E4FB-4C7B-9B01-E6BB34A6A346



ちょっと欲しいな。







角館の桜はこんな感じ。

武家屋敷は咲き始めました。
802D8D70-7CAE-40B4-A289-B6600F1EEA7C




桧木内川の桜並木はまだつぼみです。
4BEE3C51-7307-49EC-9982-D3D7269206BC


FA6026A9-CF57-4BC5-9DF6-E5117C6BB1A5




いつもの日常にもどってくれ。


いろいろなキャンプ情報はこちらから。









↑このページのトップヘ