ブログで定期的に記事にしているYETIクーラー。


もうハードクーラーでは定番的な存在になりつつあるアイテム。


初めてYETIクーラーを見たのは札幌の秀岳荘だったかな。
10年近く前になるけど、棚に並べられたYETIを見て、かっこいい!!  けど高すぎるだろ!!

っていう印象でした。


その当時、ハードクーラーっていえばコールマンのスチールベルトが主流で、僕も使ってたんですが、スチールベルトだって2万円しないで買えたと思います。


それが、YETIに限っては一番小さなロディ―15でさえ、18,000円・・・・

ほんと、これ、缶ビールしか入らねーじゃんっていうロディ―15でさえ18,000円ですよ・・・・・


そのほか大きなサイズもあったんですが、軒並み3万~4万円と高額で当時にしてみれば、クーラーボックスが4万円!!! 小型の冷蔵庫ですか?って感じでした。


不思議と今ではプレミアムハードクーラーとして当たり前になった感はあるけど、とにかく当時クーラーボックスに3~4万円ってあり得ないことだったんです。



かっこいいけど、値段がな・・・・ と悩むこと1、2年。


YETIも徐々に人気も出てきて、売れ筋の色 タンなんかは売り切れることもあり、ネットでもプレ値で取引されるようにもなってきました。


そんな、ある日秀岳荘にふらっと遊びに行ったら、あれだけあったYETIもほとんどsold out状態。
当時から代理店がA&Fかは不明ですが、ネットでも販売しているお店がほとんどなかったように思います。


やべ、今買わなきゃもう手に入らないかも。。。    という衝動にかられ

焦って買ったのがロディ―15・・・・・

IMG_0551


IMG_0553



大きいのはスチールベルトがあるんで、サブの飲み物用と割り切って購入した記憶があります。

今となってはロディ―15は廃盤になってしまいましたが、とにかくYETIは魅力あるクーラーボックスでした。

未だに、人気を保ちつつカラーバリエーションやアイテムを増やし、その魅力は衰えていないように感じます。

その後、タンドラ45 タンを購入し、限定で発売された45に買い替えました。
_DSC2478



IMG_1928





これからの季節YETIは毎度品切れを起こしますので、購入を考えている方は是非早めにYETIに決めてください。


10年たっても魅力的なアイテムってなかなかないですよ。


A&Fの定価がタンドラ45で59,400円と現地価格の2倍近い価格設定なんで、並行輸入店のほうがお勧めです。


以前は本国YETIから直接購入できましたが、A&Fが再度代理店に入り直販はできなくなりました。
また、海外のアウトドアショップ、ハンティングショップからだと輸入は可能かもしれません。
タンドラ45の定価が299ドルなので、うまくSALEやクーポンを使うとだいぶ安く手に入れることができるかも。


楽天だと一番安いところがここですかね。

YETI Tundra45 39,399円税込 送料無料
在庫はホワイト・タンのみとなります。





それと、さすがに氷は一週間持ちません。夏場だとあまり開けないようにして、せいぜい2日です。


いろいろなキャンプ情報はこちらから。