角館は紅葉も終盤。


今年の紅葉は色もはっきりしてとても綺麗でした。

これは八幡平の紅葉10月初めころだったかな。  
A945C674-D6BA-4BD6-A2EF-910F1F8F7FAA


4240F231-E8F2-4D7E-8582-7486AC729F56


C1A6727D-1844-43E9-BFC7-034AEE5D38BA


98C19447-9B8F-49B5-B9BB-1F9506301F96



そんな紅葉のきれいな季節も短いもので、近くの山にも雪が積もり始めています。


去年は雪も少なく近年まれにみる暖冬だったけど、ことしは例年通りの冬になる予想。


東北はすでに冬キャンが始まってますが、秋田ではだいたいのキャンプ場が10月いっぱいでクローズするところが多く、通年営業はとことん山くらいです。

いつのまにかHPがリニューアルされているとことん山キャンプ場。




角館周辺では雁の里キャンプ場が11月いっぱい、雪の状況にもよりますがオープンしています。




そんな冬キャンの始まりですが、今年は快適に過ごすためストーブを新しく購入しようかと思ってます。


暖かさは断然薪ストーブなんですが、めどくさすぎてワンシーズンで使うのを止めた経緯もあって、それ以来はフジカストーブと厚着で頑張ってきましたが・・・


年々おっくうになってくるんですよね、寒い環境が。


ぬくぬくキャンプにしたいんですよね。


実家では薪ストーブを使っているので、薪はたくさんあるんで本当は薪ストーブが一番いいってのは分かってるんですがね。あの面倒くささは無理だな・・・・

よくみんな毎冬運用してるよな。
EDE3D9F4-B0E2-498E-B8B1-CF04C1C2F53A




かといって、フジカ一台じゃこころ細いし。 
C3FAD19C-5404-4719-A9B1-7699C7B0488F




それで、久々にいろいろなブログを読み漁ったんですが、それほど迷うことなく決まりました。


レインボーやアラジンなんかは暖房出力が2.5kw前後のものが多いので、このクラスは除外しました。


残ったものは・・・・


やっぱりここら辺になるんですよね。



ちょっと今っぽい配色。
トヨトミ 対流式ストーブ 暖房出力4.7kw~3.7kw ¥38,500 サイズ高さ560.5X幅474X奥行474




昔からある見慣れたクラシック石油ストーブ
トヨトミ 対流式ストーブ 暖房出力6.6kw ¥23,200 サイズ 高さ583X幅482X奥行482



ほかにトヨトミでは限定生産モデルもあって、だいぶ寄せすぎたデザインに仕上がってます。これは無いな・・・




対抗馬としてこちらもメジャーなコロナ。 いまコロナって検索してもなかなかコロナ ストーブのHPにたどり着けない。。。

こちらはクラシックなSLシリーズの一択ですね。 大きさは木造13畳と17畳があります。


値段が安いのが魅力ですかね。テントのサイズに合わせて13畳か17畳を選ぶとよいです。
価格の差は殆どありませんでした。
限定色であずきミルク色なんてものもあったようですが、すでに完売していました。

コロナ 暖房出力6.6kw 17畳 ¥16,449 サイズ 高さ598×幅460×奥行460mm



コロナ 暖房出力5.1kw 13畳 ¥16,380 サイズ 高さ553×幅460×奥行460mm



どちらもメジャーなフジカやレインボーと比べ、大きさや重さはありますが、あくまでも暖房能力での選択です。


持ち運びにちょっと不安がありますが、灯油タンクも漏れにくい二重構造になっていたりと比較的漏れにくい構造になっているそうです。

コロナやトヨトミなどの大型対流ストーブを使用している方々のブログを読んでみても概ね温かい!!っていう感想が多く、皆さんぬくぬくキャンプを楽しんでいるようです。


よし、買う!!


って思ってましたが、オークションなんかで見てるとヴィンテージのコロナなんかも良いな~


迷うな。。。 とにかく今期はフジカより暖房出力が高いストーブを購入したいと思います。



いろいろなキャンプ情報はこちらから。