26日から2泊で行く予定だった 気仙沼・大島キャンプ場ですが、天候がどうも優れず、一泊に変更しました。


もう少し日程がズレてると、梅雨明けで海水浴が楽しめたんですが、残念。
そのかわり、とても涼しく本当に過ごしやすいキャンプでした。


簡単にキャンプ場レポします。

気仙沼は宮城県と岩手の県境。

地図で見ると濃いピンクのところなんですが、岩手県なの?って感じの場所です。
秋田・角館からは高速を横手~一関の間を利用して3時間30分ほど、近くも遠くもない旅行にはちょうど良い距離。

kesennnuma


大島は気仙沼のフェリー乗り場から約25分、片道 約2,590円(車 5m未満) 
人は大人410円 子供200円 

1時間おきにフェリーは出ており、車を持っていく場合は予約する必要があります。
当日でも空きがあれば大丈夫なのですが、土日なんかは結構埋まってることが多いため予約は必須な感じでした。
人だけなら、予約なしでも大丈夫です。

フェリーの予約 大島汽船株式会社

IMG_0358

車はフェリーの甲板に乗せるんですが、10台くらいで満杯じゃないでしょうか。

フェリーの上ではカモメにかっぱえびせんをあげることもでき、景色なんかを見てるとあっという間に到着しちゃいます。

気仙沼・大島休暇村 キャンプ場は大島のフェリー乗り場からは車で5分ほどと近く、迷わず行けます。

チェックインは気仙沼・大島休暇村のホテルにて。

チェックイン時に特に渡されるものはありませんでした。
キャンプ場のサイト内マップや注意事項の書かれたものを一枚受け取るだけです。清算もこの際に行います。

IMG_0441


ホテル自体はだいぶ古く、老朽化が目立ちますがロビーやレストランなどはリフォームされており、過ごしやすそうなホテルです。

キャンプ場は少し離れており、歩いて10~15分、車で2~3分程度でしょうか。
管理人さんは不在、何かあったらホテルのフロントに電話してくださいとのことでした。

サイトはオートサイト(電源・水場・かまど付)16区画  フリーサイト14区画  常設テントサイト8区画となっています。

全体図
img_campmap


オートサイト(フリーサイト隣接 6区画)

オートサイトはフリーサイトに隣接している6区画と、少し高台に近年に増設された10区画となっています。

フリーサイトに隣接している6区画は芝となっており、
水場と電源がありますが、かまどはありません。区画は比較的広めにとられている印象でしたが大型のモノポールなんかは厳しいかもしれません。

トイレや炊事場もすぐそこでファミリーなんかは使いやすいんじゃないでしょうか。

炊事場
IMG_0372


トイレ・シャワー練 2Fは多目的スペースになっています。
IMG_0369


炊事場のすぐ横のサイトA16はちょっと嫌なところかも。夜は炊事場の電気がつけっぱなしではなく、使用するときにスイッチでつけるのですが、繁忙期には常についている状態になると思います。
早めの就寝の際などは、炊事場の雑音や照明がまぶしくて起きてしまう場合もあるかもですね。

サイトA16
IMG_0384


オートサイト(高台の新設10区画)

高台の新設10区画はA1~3のサイトが車は横づけにすることができなく、近くに3台分の駐車スペースがあります。
できれば、当たりたくないサイトですかね。

特にA1なんかはなぜか、サイト内に切り株があります・・・・・・ これ邪魔ですよね。

サイトA1 ※かまどの上に見えているコンクリート敷きの場所がA1~A3の3台分の共同駐車スペース
IMG_0391


A4~10までは車を横づけできるので、比較的使い勝手はよいと思います。

しかし、一番海側のA10のサイトからは海が望めません・・・・ 
※ほかのオートサイトからも海は望めません。
風が強い日なんかは防風林となって過ごしやすいかもですが、高台にあるのにもったいないですよね。

サイトA10
IMG_0398


サイトA4~はこんな感じです。
IMG_0388


IMG_0387


共同の炊事場・トイレもあるのですが、結構な坂道を登っていく必要があったりします。

サイトからトイレへの坂道
IMG_0393



常設テントサイト 8区画

常設テントサイトは高床式になった場所にロッジ型のテントが張られています。
この日は2組使用している方がいらっしゃいましたので写真はありません。

ちょっと古めのテントですので、きれい好きの女子の方々はちょっと抵抗あるかもしれません。

こちらは車を入れることはできず、常設サイト入り口付近の駐車場に停車させ、荷物を運んでいく必要があります。

駐車場から常設サイトへの道
IMG_0411



フリーサイト

そして、こんかい利用したフリーサイト。

結論から言うと、フリーサイトが最高の区画じゃないでしょうか。
繁忙期はテントが乱立して、張りにくいと思いますが、すいている時期などは広々と使えると思います。

この日は貸し切りだったので、一番海よりの場所にアメニティードームとメッシュシェルターを余裕をもって贅沢に張ってみました。

木々の隙間から広大な太平洋を望めます。 景色は最高!!

車もぎりぎりまで持ってこれるので、設営・撤収が楽です。
荷物を下ろし終わったら、駐車場に移動しなければなりません。

IMG_0366


フリーサイトからの展望。
IMG_0362



気仙沼・大島キャンプ場まとめ

○繁忙期以外はフリーサイトが絶対的にお勧めです。

○オートサイトは A1~A3 A16なんかはちょっと残念な感じのサイトになりますので、繁忙期などは時前にサイトの場所も指定してもよいかもしれません。
※場所指定ができるのか確認はしていません。

○キャンプ場内に自動販売機はありません。
隅々まで探したわけではなかったんですが、自動販売機は無いように思いました。

○ホテル内の大浴場が利用できます 大人300円 子供200円と安いです!! でもちょっと狭く、サウナ、露天風呂などはありません。 そして温泉ではありません。

○島内にちいさなスーパーなどもあるのですが、食材は気仙沼で仕入れていくのがベスト。

おさかな市場
海の市

新鮮な魚介類がうってますよ。


ほかに思いついたことがあったら追記していきます。

いろいろなキャンプ情報はこちらから。